【バイナリーオプション】鉄板で勝てる取引手法・エントリーポイントを紹介!

鉄板で勝てる取引手法・エントリーポイントを紹介!
この記事でわかること
  • バイナリーオプションの相場分析方法
  • 鉄板手法と鉄板エントリーポイント
  • 知れば得する取引ポイント

こんにちは!パンダ専務です。

突然ですが「鉄板手法」「鉄板エントリーポイント」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

スズキ

真似したら誰でも勝てるようになる取引手法の事じゃないの?ぜひ教えて欲しいです!!

パンダ専務

その考え方は負ける人の典型的なパターン!基礎があってこそ鉄板手法や鉄板エントリーポイントを活かせるようになるよ。

「鉄板手法」「鉄板エントリーポイント」知れば勝てると思っている人が多くいますが、残念ながらこれだけでは絶対に勝てません。

なぜなら基礎知識が伴っていないため適切な相場分析が出来ておらず、勝てない相場で手法を使っているケースが多いからです。

そこで今回は鉄板の手法やエントリーポイントと合わせて、前提となる相場分析について解説。バイナリーオプション初心者~中級者の方には非常に参考になる内容となっています。

「バイナリーオプションを始めようと思っている」「バイナリーオプションでなかなか勝てない」という方はぜひ参考にしてください!

またバイナリーオプションを始めるなら日本語サポートキャンペーンが充実しているハイローオーストラリアがオススメ!バイナリーオプション業者の中でも最大手なので安心して取引をすることが出来ますよ!

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア(HighLow)

ハイローオーストラリアは最短翌日に着金するスムーズな出金処理や丁寧な日本語サポートが高い信頼を得ている「日本人利用者数No.1」のバイナリーオプション取引業者。

今なら新規口座開設をするだけで5,000円のキャッシュバックボーナスが貰えるキャンペーンを実施中。これからバイナリーオプションに挑戦するならハイローオーストラリアで決まり!

目次

バイナリーオプションで戦っていくための基礎知識

バイナリーオプションやFXなど為替相場の世界で戦っていくためには「相場分析」「取引手法(ルール)」「メンタル管理」が重要。そしてこれらをまとめた”自分ルール作り“が必要となってきます。

パンダ専務の取引ルール(例)

このように資産管理・取引手法・メンタル管理に関した自分ルールを作り、必ずルールに則った取引をするようにしておきましょう。

今回は「相場分析とエントリーポイント・取引手法」に絞って解説していきますが、資産管理やメンタル管理については以下の【初心者必見】バイナリーオプションの勉強方法【独学でも稼げるようになる】の記事で紹介しているので気になる人は確認しおきましょう。

鉄板エントリーポイントは相場分析で探す

相場には「価格が上昇を続けている上昇トレンド」「価格が下降を続けている下降トレンド」「価格が一定の値幅に収まっているレンジ」の3つがあり、相場分析とは「今の相場がどれに当てはまるのか?」を判断していくことになります。

バイナリーオプションで相場分析をするには下降トレンド・上昇トレンド・レンジに分けてみる

まずは大雑把にでも大丈夫なので「今の相場が上昇・下降・レンジのどれに当てはまるのか」を判断しながら取引するように心がけましょう。

パンダ専務

相場の向きを判断する上でインジケーターを使うのはとても有効。特に移動平均線はとても便利だから知っておいて損は無いよ!

【為替相場の基本】ダウ理論は必ず理解しておく

ダウ理論とは「相場は6つの基本原則から成り立っている」という相場理論のことで、バイナリーオプションで勝てているトレーダーの多くがダウ理論を理解しています。

相場自体がダウ理論通りに動くことが多いのはもちろんですが、ダウ理論があまりにも有名過ぎてトレーダーがダウ理論通りに相場を動かしていることもあるため、この考え方は必ず知っておいてください。

ダウ理論についてはバイナリーオプションをダウ理論で攻略|トレンドの継続・転換をチャート分析で見極めよう!の記事で詳しく解説しているので、この記事と合わせて必ず読んでおきましょう!

エントリー方法は「トレンド相場の順張り」が基本!

為替取引には「順張り」「逆張り」と呼ばれる方法があり、簡単に説明すると順張りはトレンドに沿った方向にエントリーすることで、逆張りはトレンドに反した方向にエントリーすることです。

なぜバイナリーオプションで「トレンド相場の順張り」をした方が良いのかというと、トレンドの反転を見極めなければいけない逆張りは非常に難しいからです。

一度発生したトレンドは長期間継続することも多々ありますが、トレンドが反転するタイミングは数分~数時間で終わることもあります。

そのため「いつ来るか分からないトレンド反転」を待つよりも、既に発生しているトレンドに乗っかる方が勝ちやすいということなのです。

また基準値よりも高いか低いかを予想するバイナリーオプションでは「上昇と下降を繰り返すレンジ相場よりも、トレンド相場が発生しているときの方が予想しやすい」というのはあたりまえ。

相場の反転を狙う方法もありますが、まずはトレンドに沿った順張りでエントリーポイントを考えるようにしましょう。

バイナリーオプションの鉄板エントリーポイント3選

バイナリーオプションでオススメする手法は「ラインブレイクの勢いに乗った順張り」「移動平均線のパーフェクトオーダーで順張り」「RSIで売られ過ぎ・買われ過ぎを判断して逆張り」の3つがあります。

それでは各手法について説明していきます。

ラインブレイクの勢いに乗った順張り

ラインとは高値・安値でそれぞれ意識されている価格のことで、「同じ価格で何度もトレンドが変わっているな」と思ったらそこがラインであることが多いです。

バイナリーオプションでラインブレイクの勢いに乗った鉄板取引手法

一般的にサポートとレジスタンスはレンジ相場で発生することが多く、サポートを抜けると下降トレンド、レジスタンスを抜けると上昇トレンドが発生する可能性が非常に高いです。

そのためサポートラインを明確に下抜けしたらLowレジスタンスラインを明確に上抜けしたらHighという作戦は非常に使えます。

移動平均線のパーフェクトオーダーで順張り

移動平均線とは現在から遡った日数の価格を平均化したインジケーターで、全体的に価格が上がっているのか?下がっているのか?という相場分析に使われます。一般的に短期線・中期線・長期線で3本の移動平均線を表示させて使うことが多いです。

バイナリーオプションの移動平均線を使ったパーフェクトオーダー
※設定期間は赤20・青50・緑100の3種類。

また移動平均線はエントリーポイントを探すことにも長けており、上記の画像のように短期線・中期線・長期線の全てが同じ方向を向いている状態を「パーフェクトオーダー」と呼びます。

パーフェクトオーダーは非常に強いトレンドが発生している状態であるため、トレンドに沿った順張りが有利であるバイナリーオプションにとっては最大のトレードチャンスと言えます。

移動平均線は「短期20・中期50・長期100」の3つがおすすめ。

RSIで売られ過ぎ・買われ過ぎを判断して逆張り

RSIは通貨ペアの買われ過ぎ・売られ過ぎを判断するインジケーター。これを利用することでトレンド判断はもちろん、トレンドの転換が予想しやすくなります。

バイナリーオプションでRSIインジケーターを使ってトレンド転換を読む

RSIは%で表示され、高ければ買われ過ぎ・低ければ売られ過ぎであるという見方をします。

RSIのエントリーポイント

上記を目安にエントリーポイントを探しましょう!

また注意点として安易に「70%以上だから逆張り」というエントリーはしないでください。なぜなら強いトレンドが発生している場合は70%以上をキープすることもあるからです。

そのため移動平均線などと合わせて使い、トレンドの強弱を意識してエントリーを行いましょう!

【知れば得する】バイナリーオプションで使える為替相場の特徴!

手法以外にも「市場が閉まる前はトレンドが逆行する」「大きなトレンドはニューヨーク市場で発生する」など為替相場には特徴があり、これらを理解しておくことでバイナリーオプションを有利に進めることが可能です。

代表的な為替相場の特徴

加えて24時間絶えず取引が行われている為替市場の中でも「東京市場(9時~17時)」「ロンドン市場(17時~2時)」「ニューヨーク市場(22時~6時)」は世界3大市場と呼ばれており、特に取引量が多くなる時間帯です。

これらを踏まえて為替相場の特徴を見ていきましょう。

市場が閉まる1~2時間前はトレンドが逆行しやすい

世界3大市場では取引量が多いため一方方向へのトレンドが発生しやすく、また市場が閉まる1~2時間前はそれまで発生していたトレンドが逆行する特徴があります。

なぜかというと市場が閉まる前に手仕舞いをしたいトレーダー達による利確注文が多く入るからです。

この性質を利用して市場が閉まる時間だけを狙った逆張り手法も有効と言えます。

パンダ専務

「自分が取引出来ない時間にポジションを持っているのは怖いから市場が閉まる前に決済しよう」というトレーダーの心理を逆手に取るわけです!

大きなトレンドはニューヨーク市場で発生する

バイナリーオプションではトレンドに乗った取引が有効だと話しましたが、特に大きなトレンドはニューヨーク市場で発生することが多いです。

東京市場で大きなトレンドが発生するということはあまり多くなく、基本的に広いレンジの中で推移することがほとんど。

そのためトレンドでの順張りトレードをする際にはニューヨーク市場での取引をメインに考えましょう。

特にロンドン市場とニューヨーク市場が重なる22時からは大きなトレンドが期待できます。

パンダ専務

逆に7~8時は東京・ロンドン・ニューヨークいずれの市場も開いていません。ここでの取引は避けるべきダぞ!

経済指標や要人発言がある時のトレードは危険

為替市場では「各国の景気状況を表す経済指標の発表」「中央銀行総裁・大統領による経済に関する発言」などが行われると、相場が急激に変動することがあります。

経済指標や要人発言は価格が乱高下するため、稼げるチャンスと考える人もいますが、基本的に取引は避けるべきです。

取引をするなら乱高下が落ち着いた後に、一方方向へのトレンドが発生していたら取引を行いましょう。くれぐれも乱高下中に取引をしないように落ち着いて相場を見ておいてください!

まとめ

バイナリーオプションの鉄板手法・鉄板エントリーポイントと呼ばれるものは多くありますが、いずれも適切な相場分析と合わせて使うことで真価を発揮するもの。バイナリーオプションで勝ち続けるためにもまずは相場分析をする目を養って、常に自分が勝ちやすいエントリーポイントを模索するように心がけましょう!

この記事のまとめ

「手法が悪いからバイナリーオプションで勝てない」という人をよく見かけますが、実際は手法では無く相場判断が悪いから勝てていないという方は多くいます。

ここでは実際にパンダ専務も使っている鉄板手法を紹介しましたが、いずれも適切な相場分析ができて初めて能力を発揮するものです。

バイナリーオプションは取引方法こそFXよりも簡単ですが、勝つためにはFXと同じように勉強をしなければいけません。

もしあなたがまだ”甘い考え”を持っているならばここで捨ててください。そして一緒にバイナリーオプションで勝つための勉強を始めて行きましょう!

また本気でバイナリーオプションをしていくならハイローを使うべきです!安全性はもちろん使い勝手の良さや取引のスムーズさなど細かいメリットも多く、ハイローオーストラリア以外のバイナリーオプション業者を使う価値は無いと言っても過言ではありません。

ハイロー公式ページへ移動
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは9年間の投資家人生で培ったバイナリーオプションの情報をお届けします。

目次