News

バイナリーオプション|バンドウォークを使ったトレード手法・見極め方を解説!

バイナリーオプション|バンドウォークを使ったトレード手法・見極め方を解説!
この記事でわかること
  • ボリンジャーバンドのバンドウォークについて。
  • ボリンジャーバンドの使い方と見方。
  • バンドウォークを使ったバイナリーオプション取引方法。

こんにちは!パンダ専務です。

今回はバイナリーオプションの相場分析に使われるインジケーターである「ボリンジャーバンド」のバンドウォークという状態を使ったトレード方法について解説します!

平社員スズキ
平社員スズキ
ボリンジャーバンドは短期取引でよく使われるインジケーターの1つ。使いやすいから初心者にもオススメですよ!
パンダ専務
パンダ専務
ここではボリンジャーバンドで起きる【バンドウォーク】という状態を使ったトレード方法について詳しく説明するのダ。

バイナリーオプションで稼ぐためには、自分の武器となる取引手法を1つ見つけることが重要です。

特にボリンジャーバンドのバンドウォークを使ったトレードは初心者にオススメであり、その理由としては「トレンドに乗った取引を行うことになるため、相場分析やエントリーポイントを判断する力が身に付きやすい」というメリットがあるからです。

またバイナリーオプションで稼いでいくためには、”バイナリーオプション業者選び”も重要!

バンドウォークを使った取引をするなら、キャッシュバック日本語サポート・取引環境が充実しているHighlow.com(ハイローオーストラリア)がオススメです!

【3分で完了】ハイローオーストラリアの口座開設を説明【スマホでも出来る】
【最新版】ハイローオーストラリアの口座開設|やり方と手順を解説!ハイローオーストラリアの口座開設について説明しています。口座開設の所要時間や必要書類もまとめているので、これからハイローオーストラリアで口座開設をする方は参考にしてください。...

Highlow.comの公式ページへ

ボリンジャーバンドの見方を解説

ボリンジャーバンドとは「移動平均線を中心として、将来の価格が上下どこまで変動する可能性があるのか?」という範囲を示すインジケーターです。

平社員サトウ
平社員サトウ
文章だと分かりずらいので実際にボリンジャーバンドの画像を見ながら説明していきます。
バイナリーオプションで使えるボリンジャーバンドの見方

移動平均線を基準として上下に3本ずつ表示される線を標準偏差と呼び「価格変動は標準偏差以内に収まる」というのがボリンジャーバンドの基本的な仕組みです。

標準偏差はσ(シグマ)という単位を使って表され、移動平均線に近い標準偏差から順番に±1σ・±2σ・±3σと表示されます。また各標準偏差の単位によって価格変動が収まる確率が異なるため覚えておいてください。

各標準偏差内に収まる確率
  • ±1σ(シグマ)に収まる確率:68.2%
  • ±2σ(シグマ)に収まる確率:95.4%
  • ±3σ(シグマ)に収まる確率:99%

またボリンジャーバンドは価格変動がおとなしい相場では狭く、激しい相場では広くなる傾向にあります。特に経済指標などによって相場が急変動を起こした場合は±3σ内に収まらないこともあるので注意してください。

バンドウォークとはボリンジャーバンドで起きる状態の1つ!

バンドウォークとはローソク足が±2σのボリンジャーバンドにタッチし続けている状態のことを表します。

ボリンジャーバンドでバンドウォークが発生しているチャート

ローソク足が上昇の流れに沿って±2σ上を登っているように見えるため、ボリンジャーバンドの上を歩く(ウォーク)ということからバンドウォークと呼ばれています。

ボリンジャーバンドでバンドウォークが発生しているということは強いトレンドが形成されている状態を表すため、上手く流れに乗れば大きく稼ぐことが出来るチャートパターンです。

パンダ専務
パンダ専務
次にバンドウォークが発生する予兆を紹介していくのダ。

バンドウォークが発生する4つの予兆

バンドウォークが発生する前には「スクイーズの発生」「レンジ相場のラインブレイク」「経済指標の発表や要人発言」「ボリンジャーバンドの開き」といった4つの兆候があります。

バンドウォークが発生する兆候
  • スクイーズの発生
  • レンジ相場のラインブレイク
  • 経済指標の発表や要人発言
  • ボリンジャーバンドが大きく開く

バンドウォークが発生する兆候を知っておくことで、バンドウォークが発生したタイミングでの取引がスムーズになります。4つの項目はボリンジャーバンドを使った取引をする場合は必ず理解しておきましょう。

スクイーズの発生

スクイーズとは「収縮」を意味する言葉であり、ボリンジャーバンド同士の幅が狭くなる現象のことを表します。一方でボリンジャーバンドが大きく拡張した状態をエクスパンションと呼びます。

ボリンジャーバンドでスクイーズ(収縮)とエクスパンション(拡大)が起きている状態

スクイーズが発生している状態は「次のトレンドに向けて力を蓄えている時」であり、一定期間スクイーズが発生した後は、一気に大きなトレンドが形成されることが多いです。

スクイーズが発生しているときは取引を避け、スクイーズが終わった後の大きなトレンドが発生した時に取引を行うことで、勝率の高いトレードが出来ます。

レンジ相場のラインブレイク

レンジ相場においてレジスタンスライン・サポートラインを大幅に抜ける(ラインブレイク)するとバンドウォークが形成されやすくなります。

平社員サトウ
平社員サトウ
レジスタンスラインは「これ以上は価格を上げたくないとトレーダーが考えているポイント」のこと。一方のサポートラインは「これ以上は価格を下げたくないとトレーダーが考えているポイント」のことです。
レンジ相場ではレジスタンスラインとサポートラインを抜けた時にバンドウォークが起きる

一般的にブレイク前のレンジ相場が長く推移するほど、ブレイクした時に一定方向に対し大きくバンドウォークが発生する傾向にあります。

スクイーズ(収縮)中は基本的にレンジ相場となっていることが多いため「レジスタンスラインとサポートラインがどこなのか?」という点を探しながら、チャンスを待ちましょう。

経済指標の発表や要人発言

経済指標の発表や要人発言によって大きな価格変動が発生すると、一方方向へのバンドウォークは発生しやすくなります。

経済指標を見逃すな!ハイローオーストラリアで勝てる取引とは? 海外のバイナリーオプション業者、ハイローオーストラリアで取引をする時に、「経済指標」は気にしていますか?戦術として経済指標を全く考えない人でも頭に入れておく事で少し勝率が上がるかもしれません。よろしければどうぞ。...

経済指標や要人発言が行われる時間については国ごとによって異なるため、自分が取引をしている通貨ペアの経済指標や要人発言については必ずチェックしておきましょう。

また経済指標や要人発言による急激な価格変動が起きてもすぐにトレードするのは止めておきましょう。なぜなら短期的な動きだけですぐに元の価格帯に戻ってしまうということも良くあるからです。

パンダ専務
パンダ専務
バンドウォークが継続して発生しているかどうかを確かめてからトレードをするのダ。

ボリンジャーバンドが大きく開く

ボリンジャーバンドの2σ・3σが上下に大きく上下に開いた時も、バンドウォークが発生しやすいと言われています。

先ほど解説したエクスパンション(拡張)が発生している状態であり、そのままトレンドが発生した場合は長期で続きやすい状態となります。

極端にボリンジャーバンドが上下に開いた時は、バンドウォーク発生直前のサインですので、エントリーのタイミングを逃さないように注意して見ておきましょう

ボリンジャーバンドを使ったトレード方法

バンドウォークを使ったトレードでは、強いトレンドが発生している時こそ真価を発揮します。トレンドが出やすい通貨ペアや、ボラティリティが高い通貨ペアで取引するのがおすすめです。

平社員サトウ
平社員サトウ
ドル円(USD/JPY)・ポンド円(GBP/JPY)・ユーロドル(EUR/USD)などはトレンドが出やすい通貨ペアの代表です!
バンドウォーク取引の手順
  1. 長いレンジ相場を確認後、スクイーズとエクスパンションが発生しているか確認。
  2. ローソク足の終値が2回連続で±2σを超えているか確認。
  3. ローソク足が±2σと±3σを大幅に超えていないのを確認。
  4. 直近のレジスタンスライン・サポートラインのブレイクを確認。
  5. ブレイク後にエクスパンションが起き、バンドウォークを始めたら順張りでエントリー。

バンドウォーク発生前の第一段階では「必ずレンジ相場が発生」します。この後のスクイーズとエクスパンションでラインブレイクしている部分を確認していきます。

注意点として±2σと±3σのボリンジャーバンドをローソク足が大幅に超えている時です。この場合はトレンドが形成されない可能性が非常に高いのでエントリーを控えましょう。

その後は直近のレジスタンスライン・サポートラインのブレイクをチェックし、ブレイク後にローソク足がバンドウォークを始めたら順張りでエントリーします!

パンダ専務
パンダ専務
慣れるまでは何度も何度も挑戦あるのみ。反省と挑戦を繰り返して勝率が60%以上になるまで頑張るのダ!

バンドウォークを使った取引のメリット

取引に慣れてきたバイナリーオプション中級者にとっては、バンドウォークを使った手法はとても稼ぎやすい取引方法であると言えます。

バイナリーオプションでは決められた時間内に予想した方向に価格が動く必要があるため、トレンドが出ているかどうかという点が非常に重要です。

バンドウォークが発生している相場というのは長期的なトレンドが発生している状態なので、バイナリーオプション取引においてこれ以上勝ちやすい相場はありません。

もしローソク足がボリンジャーバンドに触れても価格が反発しない時は、素直に順張りでエントリーしていきましょう!

バイナリーオプションでトレンドを掴むには?トレンドに乗った取引で利益を増やそう!
バイナリーオプションでトレンドを掴むには?トレンドに乗った取引で利益を増やそう!バイナリーオプションにおけるトレンドの確認方法とトレンドに乗った取引方法を解説します。...

バンドウォークを使った取引のデメリット

「ダマし」とはインジケーターにおいて「〇〇になれば上昇トレンドが発生する」といった取引チャンスのサインとは逆の動きをすることです。

バンドウォークにおいては明らかにバンドウォーク発生の条件が揃っているにもかかわらず、途中で勢いが無くなってしまい、元のレンジ相場になってしまう状況を表します。

▼ダマシを回避する対処法▼

上位足と同じ方向か確認するには、例えば普段は5分足で相場を見ているのであれば、30分足や1時間足などに変更してトレンドがどの方向に推移しているか確認します。

もし5分足では下方向に勢いがついているのに、1時間足では上昇トレンドが起きている場合はダマしの可能性が高いので取引は控えておきましょう。

【バイナリーオプション】マルチタイムフレーム分析で「勝てるトレンド」を見極める方法!
【バイナリーオプション】マルチタイムフレーム分析で「勝てるトレンド」を見極める方法!バイナリーオプションでマルチタイムフレーム分析をする方法を解説。マルチタイムフレーム分析を行うことで相場の流れが理解でき、より勝てるトレンドでのバイナリーオプション取引が可能です。...

もう1つの対処法であるインジケーターですが、バンドウォークはトレンドの有無で信憑性が変わってくるため、トレンド系のインジケーターを使うのがおすすめです。

特に移動平均線はトレンドの強弱や継続する勢いを判断するのに優れているため、まずは移動平均線を合わせて使ってみることをオススメします。

バイナリーオプション|バンドウォークで取引をする注意点

ボリンジャーバンドの活用方法や「だまし」の対処法をしっかり実践していくと勝ちやすくなりますが、それだけでは勝率が一気に伸びる訳ではないと心得ましょう。

バイナリーオプションの勝率は他のトレード方法も複合させてコンスタントに取引を行うことで勝率が安定するものであり、バンドウォークだけに集中していては難しいです。

また逆張り派にバンドウォークの使用をおすすめ出来ないように、取引手法によっては不利になるチャート分析法も必ず存在します。

バンドウォークもバイナリーオプションを攻略する沢山の方法の1つにすぎません。常日頃から様々な取引方法に挑戦し、勝率を上げるための武器を取り揃える努力を欠かさないで下さい。

まとめ

バイナリーオプションをボリンジャーバンドのバンドウォークを使って攻略する方法を説明しました。

  • バンドウォークとはボリンジャーバンドで発生する1つの状態
  • バンドウォークが表れている=強いトレンド
  • トレンドに沿ったトレードにぴったりの手法。
  • トレードする際はダマしを警戒する。

ボリンジャーバンドは相場分析をする上でトレンド相場なのかレンジ相場なのかが一目で分かるようになるため、初心者にはぜひ使ってほしいインジケーターの1つです。

バイナリーオプションをダウ理論で攻略|トレンドの継続・転換をチャート分析で見極めよう!
バイナリーオプションをダウ理論で攻略|トレンドの継続・転換をチャート分析で見極めよう!バイナリーオプションをダウ理論を使って攻略する方法を解説。ダウ理論を使えばトレンドの継続・転換などのチャート分析が分かりやすくなるため、より勝率の高いポイントでの取引が可能です。ハイローオーストラリアでバイナリーオプションをする上でダウ理論は必須と言えるでしょう。...

またボリンジャーバンドを使ったトレード手法として「バンドウォーク発生時の順張りトレード」は勝率を高く維持できるため、筆者もよく使っています。

ダマしに引っかからないようにするには結局のところ経験がものを言うという側面も大きいので、まずはボリンジャーバンドを使ったトレードに慣れるということが重要です。

「トレードのやり方が分からない」「取引でぜんぜん勝てない」という方は、自分のトレード手法の一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

Highlow.comの公式ページへ

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める
ABOUT ME
パンダ 専務
こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは9年間の投資家人生で培ったFXとバイナリーオプションの情報をお届けします。使えるものは「使える」、使えないものは「使えない」とバシバシ切り込む特攻隊長!
Highlow(ハイローオーストラリア)
スマホからも楽々取引!
Highlow.com(ハイローオーストラリア)公式

最新のプラットフォームではスマホからでもスムーズな取引が出来る!様々なWebブラウザに対応しているので環境を選ばないのも魅力です!

Highlowの概要
公式HP https://highlow.com/
運営会社 HLMI Markets International Ltd.
認可 バヌアツ共和国金融庁
ボーナス(Cash Back) 口座開設時¥5,000獲得詳細
口座開設の必要なもの メールアドレス・本人確認書類詳細
入金額 ¥5,000~(クレカのみ)詳細
出金制限・条件 口座残高1万円以上時に申請可詳細
出金日数 最短翌日詳細
知名度・日本人利用率No.1!

Highlow(ハイローオーストラリア)はバヌアツ共和国金融庁規定のもと認可を受けた企業(HLMI Markets International Limited)が運営する海外バイナリーオプション業者。

出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから日本人利用率No.1の海外業者で、初心者でも安心して利用できる。2022年1月にはプラットフォームの大規模アップデートが実施され、取引環境が大幅リニューアル!PCのみならず、スマホやタブレットからもスムーズな取引が可能に!

Highlowガイド
Highlowのデモ情報
端末別デモ取引の始め方・デモ取引の注意点
動画で取引・戦術を学ぼう
YouTubeでもトレード解説中!
合わせて読みたい
バイナリーオプション取引でも低倍戦略が使える理由
News

バイナリーオプション取引でも低倍戦略が使える理由

2021年3月30日
パンダ専務から学ぶHighlow.com
バイナリーオプション取引に【低倍戦略】と言うものがあると言うのを聞いたので調べてみる事にしました。名前で想像出来てしまうかもしれませんが、興味のある方はご覧ください。「ネタバレ」値幅は関係あります! …
バイナリーオプションでも「ダイバージェンス」は攻略の鍵を握っているのか?
News

バイナリーオプションでも「ダイバージェンス」は攻略の鍵を握っているのか?

2021年5月21日
パンダ専務から学ぶHighlow.com
バイナリーオプションで「ダイバージェンス」は意味があるのかを調べてみました。攻略の鍵として使える可能性は十分にあると思うので、テクニカル分析を行っている方はついでに見てみてもいいかもしれません。 …
バイナリーオプションは「エンベロープ」を使うと勝てるってホントなの?
News

バイナリーオプションは「エンベロープ」を使うと勝てるってホントなの?

2024年2月20日
パンダ専務から学ぶHighlow.com
バイナリーオプションの戦略を探していると【エンベロープ】と言う単語を見つけました。一体どういったものなのか想像がつかなかったので、調べて解説しています。まずはハイローオーストラリア等の無料でデモが利用 …
バイナリーオプションは「ギャンブル」とは違い投資だよ!歴史が物語ってる!【合法】
News

バイナリーオプションはギャンブルとは違い投資だよ!歴史が物語ってる!【合法】

2023年7月4日
パンダ専務から学ぶHighlow.com
バイナリーオプションは「ギャンブル」とは違う!と言われているのは良くわかるのですが、何故ギャンブルとは違うのか、理由を調べてみる事にしました。歴史からしっかりと学べばちゃんと理由ってあるものなんですね …
酒田五法を使いこなしてバイナリーオプションを攻略しよう!
News

酒田五法を使いこなしてバイナリーオプションを攻略しよう!

2021年9月28日
パンダ専務から学ぶHighlow.com
酒田五法とは日本で生まれた取引手法であり、為替相場で頻繁に出現する5つのパターンから相場の流れを掴もうとするものです。酒田五法をバイナリーオプションで使うことで、より明確にエントリーポイントが分かるよ …
【バイナリーオプション】レンジ相場の取引方法を解説!
News

【バイナリーオプション】レンジ相場の取引方法を解説!

2024年2月21日
パンダ専務から学ぶHighlow.com
バイナリーオプションで「レンジ相場」での取引は難しいのではないか?と思う事ありませんか。レンジでの逆張りが戦略として有ると言う事なので調べてみる事にしました。取引はしなくとも知識として知っておく事も重 …