【7/22~7/28】今週の経済指標|米GDPに注目【毎週更新】

パンダ専務がピックアップする今週の経済指標
この記事でわかること
  • 今週発表される経済指標の一覧。
  • 特に影響力が大きい経済指標。
  • トレードの注意点を日別に紹介。

こんにちは!パンダ専務です。

ここでは今週(7/22~7/28)発表される経済指標を紹介しています。重要な経済指標をピックアップしているので、忙しい人は以下だけでも把握しておいてください。

スクロールできます
日程時間指標予想
7月22日
7月23日20:00トルコ政策金利50%
7月24日22:45カナダ政策金利4.50%
23:00アメリカ6月新築住宅販売件数
(年率換算件数)
64.5万件
23:00アメリカ6月新築住宅販売件数
(前月比)
4.2%
7月25日21:30アメリカ4-6月実質国内総生産
(前年同月比)
1.9%
7月26日21:30アメリカ6月PCEデフレーター
(前年同月比)
2.5%
21:30アメリカ6月PCEコアデフレーター
(食品とエネルギー除く・前月比)
0.2%
21:30アメリカ6月PCEコアデフレーター
(食品とエネルギー除く・前年同月比)
2.5%
いずれも発表時間は日本時間。

先週の相場を賑わせたのはトランプ氏の『ドル高是正発言』でしょう。次期大統領の言葉と捉えた市場は大きく変動し、ユーロドルドル円では大きくドル安に動く局面がありました。

今週の目玉となる経済指標はアメリカの国内総生産です。インフレ抑制のために高い金利を維持しているアメリカですが、過度に景気後退が進んでいないかどうかを判断する指標として注目が集まります。

スズキ

この記事は毎週更新するのでお気に入り登録推奨です!

ハイローオーストラリア
ハイローオーストラリア(HighLow)

ハイローオーストラリアは最短翌日に着金するスムーズな出金処理や丁寧な日本語サポートが高い信頼を得ている「日本人利用者数No.1」のバイナリーオプション取引業者。

今なら新規口座開設をするだけで5,000円のキャッシュバックボーナスが貰えるキャンペーンを実施中。これからバイナリーオプションに挑戦するならハイローオーストラリアで決まり!

目次

7月22日(月)の経済指標

スクロールできます
時間指標重要度予想
7:45NZ6月貿易収支★★
17:30香港6月消費者物価指数
(前年比)
★★1.2%

特に重要な経済指標の発表はありません。先週からの流れに沿った価格変動が予想されるのでテクニカル分析を重視した相場分析とトレード戦略を実施していきましょう。

7月23日(火)の経済指標

スクロールできます
時間指標重要度予想
14:00シンガポール6月消費者物価指数
(前年比)
★★2.7%
20:00トルコ政策金利★★50%
23:00アメリカ7月リッチモンド連銀
製造業指数
★★-7
23:00アメリカ6月中古住宅販売件数
(年率換算件数)
★★400万件
23:00アメリカ6月中古住宅販売件数
(前月比)
★★-2.8%
23:00ユーロ7月消費者信頼感
(速報値)
★★-13.5

アメリカの製造業指数では「製造業従事者に業界の景気に関するアンケート」、ユーロの消費者信頼感では「消費者に個人消費に関するアンケート」が実施されます。

現状は「インフレによって製造業の売上や個人消費が共に落ちている」というのが前提となるので予想もマイナスとなっており、予想に反してプラスとなれば相場が動く原因となるでしょう。

7月24日(水)の経済指標

スクロールできます
時間指標重要度予想
15:00ドイツ8月GFK消費者信頼感調査-21.0
16:15フランス7月製造業購買担当者
景気指数(速報値)
★★45.8
16:15フランス7月サービス部門購買担当者
景気指数(速報値)
★★49.8
16:30ドイツ7月製造業購買担当者
景気指数(速報値)
★★44.0
16:30ドイツ7月サービス部門購買担当者
景気指数(速報値)
★★53.3
17:00ユーロ7月製造業購買担当者
景気指数(速報値)
★★46.0
17:00ユーロ7月サービス部門購買担当者
景気指数(速報値)
★★52.9
17:00南アフリカ6月消費者物価指数
(前月比)
★★0.0%
17:00南アフリカ6月消費者物価指数
(前年同月比)
★★5.1%
17:30イギリス7月製造業購買担当者
景気指数(速報値)
★★51.2
17:30イギリス7月サービス部門購買担当者
景気指数(速報値)
★★52.5
20:00アメリカMBA住宅ローン申請指数
(前週比)
21:30アメリカ6月卸売在庫
(前月比)
22:45アメリカ7月製造業購買担当者
景気指数(速報値)
★★51.5
22:45アメリカ7月サービス部門購買担当者
景気指数(速報値)
★★54.5
22:45アメリカ7月総合購買担当者
景気指数(速報値)
★★
22:45カナダ政策金利★★★4.50%
23:00アメリカ6月新築住宅販売件数
(年率換算件数)
★★★64.5万件
23:00アメリカ6月新築住宅販売件数
(前月比)
★★★4.2%

注目はアメリカの新築住宅販売件数です。新築住宅の販売件数は消費に大きな影響を与えるため、景気の先行指標として注目されます。

またカナダドル(CAD)で取引をしている方はカナダの政策金利についても注目しておきましょう。

7月25日(木)の経済指標

スクロールできます
時間指標重要度予想
8:50日本6月企業向けサービス価格指数
(前年同月比)
2.6%
8:50日本前週分対外対内証券売買契約
(対外中長期債)
8:50日本前週分対外対内証券売買契約
(対内株式)
15:45フランス7月企業景況感指数99
17:00ドイツ7月IFO企業景況感指数★★89.0
18:30南アフリカ6月卸売物価指数
(前月比)
-0.2%
18:30南アフリカ6月卸売物価指数
(前年同月比)
4.5%
21:30アメリカ4-6月実質国内総生産
(前期比年率)
★★★1.9%
21:30アメリカ4-6月GDP個人消費
(前期比年率)
★★1.7%
21:30アメリカ4-6月コアPCE
(前期比年率)
★★2.7%
21:30アメリカ新規失業保険申請件数
(前週分)
★★24.0万件
21:30アメリカ失業保険継続受給者数
(前週分)
★★
21:30アメリカ6月耐久財受注
(前月比)
★★0.5%
21:30アメリカ6月耐久財受注
輸送用機器除く(前月比)
★★0.2%

今週の目玉となるアメリカの国内総生産(GDP)が発表されます。これまで世界経済の成長に大きく貢献してきた中国が不動産バブルの崩壊をきっかけに大幅な景気後退にも繋がりかねない深刻な状態が発生しています。

現在の世界経済を占う上でも重要な指標となるので、目標となる1.9%の成長を果たせているかどうかに注目しましょう。

7月26日(金)の経済指標

スクロールできます
時間指標重要度予想
8:30日本7月東京都区部消費者物価指数
(生鮮食料品除く・前年同月比)
★★2.2%
14:00日本5月景気一致指数
14:00日本5月景気先行指数
15:45フランス7月消費者信頼感指数90
21:00メキシコ6月貿易収支
21:30アメリカ6月個人所得
(前月比)
★★0.4%
21:30アメリカ6月個人消費支出
(前月比)
★★0.3%
21:30アメリカ6月PCEデフレーター
(前年同月比)
★★★2.5%
21:30アメリカ6月PCEコアデフレーター
(食品とエネルギー除く・前月比)
★★★0.2%
21:30アメリカ6月PCEコアデフレーター
(食品とエネルギー除く・前年同月比)
★★★2.5%
23:00アメリカ7月ミシガン大学消費者態度指数★★66.5%

PCEデフレーターはアメリカの個人消費支出に関する経済指標です。アメリカでは国内総生産の7割を個人消費が占めているため、7/25(木)の国内総生産と合わせて国内の景気を判断する重要な指標となります。

パンダ専務

国内総生産で悪い結果が出たら、たぶんPCEデフレーターも同じ感じになると思う。

7月27日(土)と28日(日)の経済指標

今週は土曜日と日曜日に発表される経済指標はありません

ただし、要人発言や戦争・テロ・災害の発生すると週明けから激しい価格変動が起きることもあるため、経済関連のニュースには目を通しておくようにしましょう。

また、土日は通貨ペアや商品指数の取引は基本的にできませんが、暗号資産の取引は可能です。ハイローオーストラリアでは土曜のみ、ブビンガでは土日共に対応しているため、土日にトレードをしたい場合は暗号資産を練習してみましょう。

参考:バイナリーオプションでは仮想通貨の取引ができる【銘柄と攻略を解説】

まとめ

今週(7月22日~7月28日)に発表される重要な経済指標は以下の通りです。

今週の重要な経済指標

特に注目度が高い経済指標の発表時は相場が大荒れする可能性があるので、発表時間が近くなったらポジションを保有しないようにしておきましょう。

なお経済指標が発表される時の立ち回りは「経済指標を見逃すな!ハイローで勝てる取引とは?」でも解説しているので参考にしてください。

パンダ専務

経済指標の発表後にトレンドが発生した稼ぐチャンス!

ハイロー公式ページへ移動

#バイナリーオプション #経済指標 #重要度

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは、パンダ専務です。バイナリーオプションでは1年目に370万程負けて大爆死するも、2年目は950万プラスで復活。今はそこそこ稼いで昼寝するがモットー。このサイトでは9年間の投資家人生で培ったバイナリーオプションの情報をお届けします。

目次